列車案内
オランダ国鉄のICD(InterCityDirect)は、もともとFyraという名前で営業をスタートしました。
当初は新車のFyra と オランダ国鉄のInterCityを改装したリノベーション版のFyra と 2種類で運行開始されました。
運行開始してまもなく新車のFyraの車両に重大な不具合が見つかり修理工場へ。
その後、解決へ向けて努力されていたのですが、結局、不具合が解決できず新車のFyraは復活することができなくなりました。
そういった歴史的事情もあり、リノベーション版のFyraだけでの運行になり、名称もFyraからInterCityDirect(ICD)へ変更されました。
このICDは、一部の区間(Schiphol-Rotterdam)で追加料金(EUR2.30)が発生するという珍しいルールがあります。
この追加料金とは、「指定券」ではなく、「サプリメント乗車券」になります。
2015年現在、この「サプリメント乗車券」は日本へは輸出されていないので、現地購入になります。
また、ICDはJRと同じように、指定席の車両(21号車~22号車)と自由席の車両(23号車~26号車)に分かれています。
ただ、必ず座りたい方は現地にて指定券を追加購入することも可能。
座席は、1等座席・2等座席の2種類あります。
1等座席は2等座席よりも座席にゆとりがあり、ノートパソコン用のコンセントも設置されています。
更に1等座席のメリットとして、Schiphol - Rotterdam間においてはドリンクサービスがあります。
駅においてHS Internationalラウンジ(1等のみ)の利用も可能なので快適な待ち時間を過ごせます。
【NS International ラウンジがある駅】
AmsterdamCentrale駅 平日8:00~22:00 土曜・日曜10:00~18:00
RotterdamCentrale駅 平日8:00~22:00 土曜・日曜10:00~18:00
Schiphol空港駅 平日8:00~22:00 土曜・日曜10:00~18:00
所要時間
Amsterdam - Rotterdam 41分
Amsterdam - Breda 69分
Schiphol - Rotterdam 27分
Schiphol - Breda 55分
料金
乗車券
通常乗車券 乗り遅れても次の列車に使用可能 距離によって料金が異なります
ユーレイルパス 乗り遅れても次の列車に使用可能 距離に関わらず乗り放題
※ただ、Schiphol-Rotterdam間のみ、現地にて「サプリメント乗車券」を追加購入しなければなりません。

お支払方法
送料
会社案内
© Copyright 2014  Tetsudo no Tabi GmbH. All rights reserved